MY BLOODY VALENTINE

    1991/11/22 LIVE IN JAPAN

THIS IS YOUR BLOODY VALENTINE

1.Forever And Again

2.Homelovin' Guy

3.Don't Cramp My Style

4.Tiger In My Tank

5.The Love Gang

6.Inferno

7.The Last Supper

85年発表。ケヴィン、コルム以外のメンバーはデヴィッド・コンウェイ(Vo)、ティナ(Key)。とても以降の作品からは考えられない程暗く、実験性は感じられない。コンウェイのボーカルはゴス調でこの陰鬱な空気はどことなくドアーズのようだ。

ECSTASY & WINE

1.Strawberry Wine
2.Never Say Goodbye
3.Can I Touch You
4.She Loves You No Less
5.The Things I Miss
6.I Don't Need You
7.(You're Safe) In Your Sleep (From This Girl)
8.Clair
9.You've Got Nothing
10.(Please)Lose Yourself In Me

初期のシングル集で、丁度「THIS IS YOUR BLOODY VALENTINE」と「ISN'T ANYTHING」の真ん中に当たる音源。ノイズの壁はないがエコーがかった浮遊感は既に健在。全体的な音は以降の特徴が伺えるも質感はプライマルローゼズの1stに近い。ネオ・アコ・サイケでポップ感と独自の美しさが同居した楽曲は非常に良い。マイブラファンは必須アイテム。

ISN'T ANYTHING

1.Soft As Snow (But Warm Inside)

2.Lose My Breath

3.Cupid Come

4.(When You Wake) You're Still In A Dream

5.No More Sorry

6.All I Need

7.Feed Me With Your Kiss

8.Sue Is Fine

9.Several Girls Galore

10.You Never Should

11.Nothing Much To Lose

12.I Can See It (But I Can't Feel It)

88年発表。メンバーを一新し、クリエイションより発表された2ndアルバム。メンバーはケヴィン・シールズ(G、Vo、Sampler)、コルム・オシオソイグ(Dr、Sampler)、デビー・グッキ(B)、ビリンダ・ブッチャー(Vo、G)。マイブラの美学がこのアルバムで完全に開花した。従来とはまったく違う技法で使われているノイズは聴き手の聴覚を揺さぶり、一種の快楽をもたらす。名盤。

LOVELESS

1.Only Shallow

2.Loomer

3.Touched

4.To Here Knows When

5.When You Sleep

6.I Only Said

7.Come In Alone

8.Sometimes

9.Blown A Wish

10.What You Want

11.Soon

91年発表。間違いなく音楽史に残る一枚。マイブラの大傑作アルバム。時間と費用を費やして緻密に作られた分厚い音の壁。ディレイとエコーが混在する浮遊感。型にはまらない逸脱した表現手法は攻撃的に感じながらも繊細。この斬新さは10年の月日を経った今でも全く古びていない。ポスト・マイブラと言われるような数多くのフォロワーを生み出したがこの作品に追いつく者は未だ現れない。90年代に渾然と輝く歴史的名盤。名曲J「Soon」収録。

TOP   INDEX

inserted by FC2 system